フワリーモの副作用はあるのか?不安なあなたのために

フワリーモ 副作用

 

おっぱい番長こと「朝井麗華」監修のバストクリーム「フワリーモ」。
ボルフォーム、ボルフィリン、アディフィリン、エラスチンの4大ボリュームサポート成分が配合されているバストアップクリームは珍しいですよね。

 

フワリーモ

 

それだけに効果が期待できます。
でも、一方で副作用の心配も、まったくないと言えば嘘になります。
万が一、副作用があるならば、どんなものがあるでしょうか?

 

そこで、フワリーモも副作用の危険性を徹底的に調査しました。

本記事を読めば、きっと安心して購入できると思います。

 

 

 

 

 

 

ぶっちゃけ、フワリーモに副作用はあるのか?

 

フワリーモは、健康被害を引き起こす大きな副作用はありません。
医薬品ではないため、刺激も緩やかです。

 

危険性が高いと言われるプエラリアも配合されていません。
たとえ配合されていても、体に摂取するわけではないので、バストアップクリームの場合は心配しても杞憂に終わるでしょう。

 

必要以上に不安を煽る人もいますが、本当に心配する必要はないのです!!。

 

 

フワリーモは、一般的に刺激が強いと言われている化学成分や添加物は配合されていません。

添加物フリー

  • 合成着色料
  • 合成香料
  • シリコン
  • エタノール
  • 防腐剤
  • 鉱物油

 

上記はすべてフリーです。

 

基本的にフワリーモは、安全に使用することができます。


 

フワリーモ

 

 

 

フワリーモの成分に副作用のリスクはどれくらいあるか?

 

フワリーモには、色々な成分が配合されていますよね。全てがすべてまったく害がないとは考えるのは早計です。

 

全体的に刺激の少ない成分が含まれていますが、副作用のリスクはゼロではありません。
4大成分と、全成分に分けて解説します。

 

 

4大ボリュームサポート成分の副作用

フワリーモは、以下の4つのボリュームサポート成分が配合されています。

 

主な働きは以下の通りです。

 

ボルフォーム

評判の新成分で肌のハリやボリュームアップをサポートします。
今注目されている新成分で、みずみずしい肌のハリやボリュームアップをサポートします。

 

ボルフィリン

プエラリアに代わって台頭してきた成分。ボルフィリンはユリ科の植物で、ハナスゲの根の部分から採取しています。ハナスゲ根エキス。
ボルフィリンは、脂肪を分解したり増殖したりする作用が期待できます。
バストのハリがアップすると言われています。

 

アディフィリン

ボルフィリンと同じように脂肪細胞に作用して増殖作用が期待できる成分。
フワリーモでは代謝を促し、ハリのある肌に導いていきます。

 

エラスチン

エラスチンは美容系ではあまりにも有名ですね。
コラーゲンをサポートし、弾力のある美肌に導く成分です。

 

ボルフォームは、調べたところ副作用の報告がありません。

 

ボルフィリンは、バスト以外の場所に塗る場合は要注意。脂肪細胞に作用する成分なので、バストに塗っても害はありませんが、バスト以外はNGです。バスト以外を太らせたくないですよね。

 

アディフィリンは、ボルフィリンの構造を模倣して作られているため、同じような副作用の可能性があります。

 

エラスチンは、化粧品でも良く使われている通り、副作用の心配はほとんどありません。
むしろエラスチンは、20代後半のピークに減少するため、積極的に塗った方が良いでしょう。

 

 

全成分の副作用のリスクは?

フワリーモの全成分は以下の通りです。
全体的に副作用の心配はほとんどないでしょう。

 

ただ、「この成分は自分の肌に合わない」といように事前に合わない成分が分かっている方は、以下の成分をチェックし、もし配合されていたら避ける方が良いと思います。

水、パルミチン酸エチルヘキシル、ペンチレングリコール、BG、パルミトイルイソロイシン、アセチルヘキサペプチド-38、ハナスゲ根エキス、加水分解エラスチン、フラーレン、PVP、水溶性プロテオグリカン、メロン胎座エキス、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、水添レシチン、1,2-ヘキサンジオール、ポリソルベート80、カプリリルグリコール、ヒアルロン酸アスコルビルプロピル、酢酸トコフェロール、カプリロイルジペプチド-17、PEG-60水添ヒマシ油、セラミドAP、セラミドNP、セルロースガム、白金、銀、炭酸水素Na、カラスムギ穀粒エキス、トコフェロール、ザクロ果皮エキス、ヒマワリ種子油、パンテノール、ツボクサエキス、ヨーグルト液(牛乳)、ニオイテンジクアオイ油、オニサルビア油、グリセリン、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル、ポリアクリレート-13、ポリイソブテン、水添ポリイソブテン、ポリソルベート20

 

 

万が一お肌に異常が出たら

単純にお肌に異常が出た場合は、すぐに使用を中止してくださいね。そして専門医に相談してください。

 

化粧品なんかと同じで、そのまま使い続けると悪化させる原因となります。

 

あと、お肌にキズや腫れ物、湿疹などがある場合はフワリーモは使用することができません。
刺激が強くないバストアップクリームだから大丈夫だろうと安易に使うのはおすすめしません。

 

 

 

まとめ

フワリーモの副作用について記事を書きました。
基本的に医薬品ではないので、そんなにびくびくする必要はないと思います。

 

 

ただ過去に他のバストアップクリームでお肌が荒れるなど副作用があった場合は、無理をしないで少しずつ使用するクリーム量を増やしていけば良いでしょう。

 

 

 

とにかくバストをキレイにするには、ちょっとでも続けることが大事です。


 

ラクトクコースだったら、お買い得価格で購入できるし、毎日続けやすいです。

フワリーモ価格

ラクラクコ−ス

通常価格9,800円(税込10,780円)が以下の割引価格になります。

 

初回限定価格 630円(税込693円)94%OFF
2回目以降は約29%OFFの6,980円(税込7,678円)
送料無料

 

分からないことがあったら、女性スタッフが徹底サポートします。
バストアップBookも、もれなくプレゼント!

プレゼント

 

フワリーモ